• 1000万円も損をする保険金の受け取り方をしてしまっていました。 FP ファイナンシャルプランナー
  • FP FPライフWV 事務所概要
  • FP 代表者プロフィール
  • FP メディア出演
  • FP 講師実績
  • FP 料金体系
  • FP 宮城県外サービス
  • FP プライバシーポリシー
  • 1000万円も損をする保険金の受け取り方をしてしまっていました。についてのお問合せ・ご相談
くらしとお金のセカンドオピニオン
ファーストオピニオン
FP講座情報
ちょっと教えて!FPのQ&A
1000万円も損をする保険金の受け取り方をしてしまっていました。 無料 お見積りフォーム
1000万円も損をする保険金の受け取り方をしてしまっていました。についてのご相談お申込みフォーム
リンク集

主婦 30代女性(宮城県仙台市青葉区)

数年前に主人を亡くし、遺族年金と生命保険金を受け取りました。
その生命保険の受け取り方で保険会社の言うとおりにしたら、大変な損をしてしまいました・・・・。

更に、大切な生活資金である生命保険金を低利率の保険商品に預けさせらてしまっていました。

この損を少しでも取り戻すべく知恵を絞っていただきありがとうございます。

こうしてみると生命保険や不動産、どれも痛いものばかりで。。。。 
もう少し早く西村さんとお会いできていたらと悔やまれます。

今後ともよろしくお願いいたします。





FP(総合)からの御礼コメント 



保険会社は、契約させるための社員教育は熱心にしますが、保険金を払う時の知識や経験はまるでないことが証明されました。

残された遺族の生活保障を真剣に考えていれば、こんな保険にはしなかっただろうに。

簡単に説明すると、2000万円の保険金を受取るが、保険会社がきちんとしていれば払わずにすんだ1000万円を払うことになってしまいました。

保険はいざという時のためのものです。保険金がきちんともらうことだけが目的ではありません。遺族がきちんと生活できるかが大切です。

全く同じ保険会社の全く同じ保険商品に加入する場合でも、その担当者・代理店がどこまでFP的な知識と経験があるかで、結果1000万円超の差になってしまいます。


お客さまの声