• 住宅ローンの見直しポイント FP ファイナンシャルプランナー
  • FP FPライフWV 事務所概要
  • FP 代表者プロフィール
  • FP メディア出演
  • FP 講師実績
  • FP 料金体系
  • FP 宮城県外サービス
  • FP プライバシーポリシー
  • 住宅ローンの見直しポイントについてのお問合せ・ご相談
くらしとお金のセカンドオピニオン
ファーストオピニオン
FP講座情報
ちょっと教えて!FPのQ&A
住宅ローンの見直しポイント 無料 お見積りフォーム
住宅ローンの見直しポイントについてのご相談お申込みフォーム
リンク集

住宅ローンの見直しポイント

住宅を購入するにあたって、ほとんどの方が住宅ローンを組まれると思います。
住宅ローンはご存じのとおり、借り入れ後は自動的に返済額が引き落とされるものです。
しかし自動的に返済されるからこそ、ついつい目を離しがちです。

中には、残りの返済期間であったり、金利の%ですら把握していない方もいらっしゃると思います。 では、こういったものを把握していないと、いったいどのような影響を与えるのか考えてみましょう。

 ■ 残りの返済年数について

住宅ローンは何十年も続くものです。あなたが今組まれている住宅ローンは、しっかりと定年退職時までに完済が可能でしょうか?
定年退職してしまうと収入がなくなってしまうので、完済が困難になってしまいます。
もし、あまり予定通りに返済が進んでいないと感じる場合は、今後の返済プランを見直す必要性があります。

 ■ 借入している住宅ローンの金利

住宅ローン商品は、年々進化しているものです。
変動金利型のものであれば、いつ借り入れても、その時々の金利に自動的に変更がされるので、大きな違いはありません。
それに対し、固定金利は借入時に金利が固定されます。
どちらがお得か、と問われると明確な答えは出せませんが、今借り入れている住宅ローンよりも、より有利な商品があれば、借り換えをした方が今後の総返済額を抑えることが出来る可能性があります。

このように、ひとつひとつの項目に的を絞ってみていくことで、返済プランを見直すことが可能になります。
住宅ローンを組んだからといって、返済だけに目を向けるのではなく、定期的にお得な返済プランはないか模索することで、より安く住宅ローンの返済を済ませることが出来ますよ。

すでに住宅ローンを組まれている方も、これから住宅ローンを組もうと考えている方も、是非これらのことを踏まえて、住宅ローンを利用してください。